読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAJIKING's blog

やりたいことやる。逃げたかったら逃げる。無理せず自分らしく。けど大きく深く。地球を遊び尽くす。らいふいずじゃあにい。

自分の撮った写真を売り始めました。

f:id:osirikajirimusiking:20170112221932j:plain

 

 

どんなことでも

試してみないと気がすまなくって

 

「ネットに上がる情報はタダが当たり前じゃない」

ってビジョンに共感して

 

noteはじめてみた。

 

試しに自分の撮った写真を販売してみたけど

売れるかなああ!!笑

 

 

 

 

 

関連記事

 

kajiking.hatenablog.com

kajiking.hatenablog.com

 

カンボジアに学校を建てる団体が多い3つの理由

 

 

カンボジアに学校を建設する」

 

何度か聴いたことがあるフレーズなんじゃないでしょうか。

 

僕もカンボジアに学校を建てるプロジェクトをしており、

 

 


他の団体との交流もあるので、

僕なりの視点で、

カンボジアに学校を建てる団体が多い理由を

あげたいと思います。

 

 

 

カンボジアに学校を建てる団体が多い3つの理由

 

1、他の国と比べて、しっかりとした教育が行き届いていない

カンボジアは、ほんの20年前まで

ポルポト政権が独裁をしており、

「知識は人々の間に格差をもたらす」

という思想のもと

 

「国を指導する自分たち以外の知識人は不要」

 

と考えました。

 

そこで行ったのが

 

大虐殺

 

医師や教師をはじめ学生

 

さらには

 

本を読んでいるから

海外に行ったことがあるから

 

といった理由で

次々に知識を持っている人を殺して行きました。

 

 

政治を思い通りに進めるために

知識を持っていない人だけにしたら

たてついてこないですからね。

 

だって、知識がなかったら

それが間違ってるとか判断する材料がないですもんね。

 

 

大虐殺の結果、

カンボジアでは200−300万人の人が

亡くなったと言われています。

 

 

のちに、ポルポト政権は

クーデターによって没落され

国民は恐怖政治から解放されたのですが、

この時ポルポトから解放された国民の

なんと85%が14歳以下だったと言われています。

 

 

これから国を再興していかなければならないのに、

ほとんど子供で、さらに知識がない。

 

 

20年経った今、

カンボジアにも教育が浸透してきており

日本をはじめ様々な国からの支援などもあり

学校も増えてきました。

 

 

小学校の就学率も90%を超えており、

ほとんどの子供たちが学校に通えるようになっています。

 

ただ、

学校まで歩いて2時間

屋根が落ちてきそう

壁がボロボロ

床が土

 

 

などの理由から

雨季に授業ができなかったり

学校まで通えない

という現状があります。

 

 

さらに、

学校があっても教室が足りなくて

ほとんどの学校が午前午後の二部制で授業を行っています。

 

また、

子供が年々増加していて、数年後には

二部制でもまかなえなくなってしまう

といった現状があります。

 

なので、現在学校建設をしている団体の多くは

全く何もない更地に

新しく学校を建てるというよりも、

校舎を建て直す

といった支援内容が多いように思います。

 

 

まだまだ教師も足りなくて、

教師の育成と教室を増やすことが

重要な課題だと考えます。

 

 

このように、

過去の大虐殺などが原因で

カンボジアは、

比較的 教育が遅れていて

タイやベトナムがものすごいスピードで

経済成長を果たしている一方で

カンボジアはまだまだ発展途上と言えるでしょう。

 

経済成長がいいとは僕は思いませんが

それだけ教育、知識というものに他国と差があると思います。

 

 

 

 

2、治安がいいし、親日

 

カンボジアといえば、そう。

 

アンコールワット

 

 

カンボジア世界遺産を持つ観光地です。

 

僕も大好きなのですが、

アンコールワットをもつ街

シェムリアップ

欧米人をはじめとした観光客でにぎわっています。

 

なので、非常に治安が良く、

高級ホテルからゲストハウスまで

たくさんの宿に集まっています。

 

有名なレストランもあったり、

お土産屋さん

ライブハウス

クラブ

コンビニ

 

正直なんでも揃っています。

 

特に、宿が最高で

ドミトリーだったら1日だいたい3ドルで

とまれちゃいます!!!

しかも超きれい!!

 

日本人ゲストハウスも多く、

僕がいつも泊まっている日本人宿は

カンボジア人の家族で経営していて、

みんなちょっとずつ日本語がしゃべれます!笑

 

僕らがカンボジアにいるときは

学校建設作業をして帰ってきて

一回ゲストハウスで休憩して

夜は飲み屋で飲みまくってっていう

生活をしたりしています。

 

アフリカとかにも目を向けたら

教育がもっと行き届いていない地域は

たくさんありますが、

かなりハードルが高いですよね。

 

だからカンボジア

学校建設だけじゃなく、観光もできたり

英語もしゃべれる人が結構いたりと

活動する上で比較的ふみこみやすいのではないでしょうか。

 

 

 

3、カンボジアの子供が死ぬほどかわいい

 

f:id:osirikajirimusiking:20170112221932j:plain

 

 

かわいいんです。

 

 

とにかくかわいいんです。

 

 

無邪気なんです。

 

 

 

f:id:osirikajirimusiking:20170120101244j:plain

 

 

 

 

僕は3つ目の理由が一番大きいんですが、

他の人も、継続的にカンボジアに関わっている人の多くは、

またカンボジアの子供に会いたい

っていうのが大きな動機なんじゃないでしょうか。

 

 

なんかカンボジアの子供たちと

一緒にいると

 

自分まで無邪気になって

 

時を忘れさせてくれて

 

俺こんなに笑えたっけ

 

とか

 

こんな俺が好き

 

とか

 

人の目を気にするアホらしさとか

 

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いっていうこととか

 

夢の大切さとか

 

なんか勝手にいろんなものをもらっているっていうか

 

いろんなことに気づかせてくれるんです。

 

 

f:id:osirikajirimusiking:20170112004151j:plain

 

 

 

こいつらは遊びの天才で、

なんか普通にいつも尊敬しちゃってます笑

 

 

なんか難しい理由とか置いといて

 

カンボジアの子供たちに会いたい

 

っていうシンプルな理由で

僕は活動しています。

 

そういう人多いんじゃないですかね??笑

 

 

 

 

 

 

なんか理由なんてなんでもよくないですか!?!?

 

 

 

 

よく言われるんですよね。

 

 

カンボジア学校もういらんやろ?」

「ほんまにそれがカンボジアにとってベストなん?」

「もっと他にやることあるんちゃうん?」

 

 

なんか理由を求めて、

その理由の欠陥を求めて否定してくる人。

 

 

もちろん、純粋な疑問で聴いてる人もいます。

まあそんなの聞き方でどっちかすぐにわかりますけど。

 

 

なんか否定されること自体に腹がたつってのもありますけど、

 

そういう人がいるから、

日本人は夢を持たなくなったりするんじゃないかな。

 

 

だって夢を人に言ったら否定されるから。

 

 

それだったら夢なんて持たないでおこってなる人がいても

しょうがないですよね。

 

 

 

 

もっと、なんやろ。

 

 

カンボジアに学校建てるんって何が楽しいん!?!?」

 

 

「子供たちがむっちゃ可愛くてな!!!ほんでほんで!!」

 

 

って会話がしたいです。笑

 

 

 

っとまあ、客観的に見て理由だけ

書くつもりやったんですけど、

 

 

性格出ちゃいました笑

 

 

 

一回カンボジアに行ってみてください。

 

 

理由を知りたかったら、それが一番手っ取り早いです。笑

 

 

 

きっと、そーゆーことか。

 

 

ってなると思います。

 

 

f:id:osirikajirimusiking:20170121120958j:plain

f:id:osirikajirimusiking:20170121121029j:plain

 

 

関連記事

 

 

kajiking.hatenablog.com

kajiking.hatenablog.com

kajiking.hatenablog.com

kajiking.hatenablog.com

 

 

【京大受験】僕が、仮面浪人して京大に合格するためにしていた生活と勉強時間。

 

 

 

 

 

 

僕は実は、仮面浪人経験者なんです!

 

 

 

f:id:osirikajirimusiking:20170125105515j:plain

 

 

仮面浪人(かめんろうにん)とは、大学に入学・在籍しながら、それとは別の希望する大学や希望する学部入学試験のための勉強をしている状態にある学生受験生のことである。-wikipedia

 

 

 

僕は、駿台で一浪して

大阪市立大学工学部建築学科に入り、

1年目の夏休みに仮面浪人を決意して、

9月の中旬から京大へ向けて勉強を始めました。

 

 

その時の生活が面白かった気がするので

振り返ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

半年間送った仮面浪人時代の生活

 

 

毎日、朝7時頃に起き、速攻大学に向かう。

 

自転車に乗る時は、リスニング教材。

 

電車の中では、ひたすら数学で間違えたところをチェックする。

 

最寄駅に着くと大学までの徒歩の間、英単語。

100円マックだけ食べながら大学まで歩く。

 

大学の図書館についた瞬間トイレに行って、

便座に座りながら今日の目標を確認する。

 

とにかくタイマーで常に時間を計りながら

勉強して、

ちょっとでも休憩のときはタイマーを止めて

 

出席がどうしても必要な授業は出て

またすぐに図書館に戻る。

 

昼ごはんは、

もちろん100円マック

時々、友達とサイゼリヤの日替わりランチを食べれるのが

幸せでした笑

 

昼は眠くなるから散歩など挟みながら

とにかく演習演習演習。

 

モチベーションが落ちてきたら

自作のモチベーションビデオを見て

やる気を上げていました。

 

バイトがある日は、バイトに行って(週2−3)

そのときは勉強のことは完全に忘れてました。

バイトの人には仮面浪人のことは言ってなかったので。)

 

バイトは入学金を稼ぐためにしていました。

お母さん世代の人が多いバイトで

よく可愛がってもらっていたので

ほんまにいい気晴らしになっていました。

 

バイトから家に帰り、晩御飯を食べ

自分の部屋に戻り、勉強再開。

 

僕は再受験のことを親に黙っていたので

隠れて勉強しており、

 

夜中、親が起きると

僕の部屋に電気が付いてい部屋に電気がついていると

怪しむから

毛布にくるまって

電気スタンドの電気が漏れないように

勉強していたのが懐かしいです笑

 

そんな感じで毎日4時間くらいの睡眠で

また朝起きるという生活でした。

 

バイトがない日は16時間

バイトがある日は12時間くらい

休憩を抜いた純粋な勉強時間としてやっていたと思います。

 

いま考えたら恐ろしいなって思うけど

当時はあんまりしんどくなかったですよね。

 

京大に入ることにワクワクしてたからかな。

 

そんな感じの生活を半年弱続けてみて

かなり自分に自信がついた気がします。

 

俺はこんなに頑張ったんだって。

落ちるはずがないって。

 

実際のところどうかはわからないけど

この半年、俺以上に勉強したやつはいない

っていう勝手な自信があったので

当日はほぼ緊張はしませんでした。

 

てな感じで振り返ってみて

自分のターニングポイントは間違いなく

この仮面浪人だったなって

改めて実感しました。

 

仮面浪人って世間からはむちゃくちゃ反対される

一番の味方である親からも反対されたりする

 

高3や予備校での浪人と違って

周りに一緒に頑張る仲間がいるわけでもない

 

むしろみんなは大学生活を楽しんでいるのを

そばで見ながら自分は勉強しなければならない

 

しかも大学に籍があるから

いつだって逃げられる。

 

 

 

 

 

それでも自分の気持ちに正直に生きたい。

 

 

 

一度きりの人生やから。

 

 

 

 

 

あの時の、僕の意志はいまでも宿っていて。

僕の大事な価値観になっている。

 

https://www.instagram.com/p/7osfpkiJDz/

世界で唯一のターコイズブルーのマクド#キャンピングカー#アメリカ横断#セドナ

 

 

 

 

 

 

僕が、iphoneではなく、一眼レフでもなく、GoProで写真を撮る3つの理由。

f:id:osirikajirimusiking:20170120201735j:plain

 

動画用カメラとして有名なGoProですが、

最近は、#goproのある生活 なんかで

写真に使ってる人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

僕も、以前は一眼レフを持ち歩いていたのですが、

GoProを買ってからは全く持ち歩かなくなりました。

 

 

 

今日は、なんで僕が

 

iphoneではなく、

一眼レフでもなく、

 

GoProで写真を撮るのか

 

について書きたいと思います。

 

 

 

 1、めちゃめちゃ広角

GoProは魚眼レンズで、

人間の視野よりも圧倒的に広い範囲を

長方形におさめることができちゃいます!

 

https://www.instagram.com/p/BNwRcWIh5fE/

 

下から撮ってみたら

空がこんなにも広い!!

 

魚眼ならではの丸みを帯びて

まるで空が地球みたいに表現できます!

 

これは絶対に魚眼でしか

撮影できませんよね!!

 

最近ではiphoneでも魚眼レンズをアクセサリーとして

つけたりすることができますが

画質がGoProとは比にならないです。

 

インスタとかにあげるならやっぱり画質が良くないと

綺麗に見えないですから

画質はこだわりたいです。

 

一眼レフでも魚眼レンズは売ってますが、

レンズだけで最低5万はしますから、

それだけでGoPro買えちゃいますよね。

 

 

2、とにかく丈夫!どんな悪状況でも撮影可能に!!

 

GoProは、もともと

激しいアクティビティで

動画を撮影する人用の小型ビデオカメラとして

使われていました。

 

そんなこともあって、とにかく軽くて

衝撃にもかなり強いです!

 

あと、これがGoProの最強たる所以ですが

防水、防塵を兼ね備えています。

 

https://www.instagram.com/p/BKWiGBuhp_0/

 

だから、こんな風に

ダイビング中の海の中でも

なんなく撮影できちゃいます。

 

雨の日も、一眼レフとかだと故障が強くて

撮るのを何度も諦めましたが、

GoProならそんなの全く関係ありません。

 

どんな条件でも撮れるようになったことで

誰も撮ったことのない風景も撮れちゃうかもしれませんね。

 

僕は、物をあまり丁寧に扱えないたちなので

GoProは丈夫なので、ほんとにストレスフリーです!!笑

 

 

 

 

3、自分がうつることができる。 

 

僕にとってはこれが一番嬉しかったです笑

 

一眼とかだとどうしても他の人の写真ばっかりになって、

見返すと自分の写真が一枚もないなんてことも。

 

毎回毎回三脚を使うのめんどくさいですし。

 

GoProだったら自撮り棒でもつけてしまえば

自分も友達もみんなHAPPYになれますよね!!

 

iphoneのインカメで撮るよりも

背景が大きく写って

より作品ぽくなります!!

 

https://www.instagram.com/p/BJ2ktqRhPeK/

 

 

 

 

iphoneで構図を見ながら遠隔操作もできるので

離れて撮ってみたりとかも

https://www.instagram.com/p/BKmJQFNBOcr/

 

 

GoProを買ってから

ほんとに写真の幅が広がったと思います。

 

 

 

 

まとめ 

1、めちゃめちゃ広角 !!

2、丈夫だからどんな状況でも撮影可能に!!

3、自分も写真に入ることができる!!

 

これによって、

GoProを持ってないと撮れない写真が

たくさん撮れちゃいます。

 

僕もGoProで撮った写真をあげてると

どうやって撮ってるん!?!?

ってたくさん聞かれるようになりました!!

 

さあ皆さんも

GoProのある生活を!!!!!

 

https://www.instagram.com/p/BK9qukIhvEm/

きょーと。ゆーて。

https://www.instagram.com/p/BKmJVabhVwl/

Instagram

https://www.instagram.com/p/BJwPZGIB6_u/

Instagram

 

富士山の8合目から見た夜景と星空が半端なかった。

https://www.instagram.com/p/BH7UVpdhwK2/

富士山ぜひ登ってみてください。

そんで振り返ってみてください。

天の国かと思います。

 

 

 

関連記事

 

kajiking.hatenablog.com

kajiking.hatenablog.com

kajiking.hatenablog.com

 

 

僕がカンボジアに学校を建てる、たった一つの理由。

Pumpitって

Pumpitについてはこのブログでだるいほど言っています笑

初めて僕の記事を見た方はこちらも見てみてください。

 

 

言うなれば、学生が自分達で企画をする中でお金を集めて、

その資金でカンボジアに小学校を建てに行くというプロジェクトです。

 

このプロジェクトのリーダーを僕がしているのですが、

今回はこの活動を通して僕が実現したいことについて書きたいと思います!!

 

 

Pumpitは多様性を大事にしているので、

僕がリーダーと言えど一人の意見と思って読んでくれたらと。

 

なんでカンボジアに学校を建てるの?

f:id:osirikajirimusiking:20170112130144j:plain

よく質問していただきます。

 

「なんでお前たちがカンボジアに学校を建てるの?」

「もっと日本ですることああるんちゃう?」

「偽善ちゃう?」

 

 

質問されると、いつも僕はこう答えます。

なんで学校建てるのか

 

建てたいからです。

 

それ以上でもそれ以下でもないんです。

 

 

毎朝、仲間と眠い眠い言いながら建設現場まで行って、

男女関係なくドロドロになりながら

歌いながら肉体労働して、

帰りスーパーでコーラ買って幸せな気分になって、

昼寝したり、

プール入ったり、

各々くつろいで、

夜はみんなで飲みに行って、

その後クラブで踊ったり、

部屋で語ったり。

 

 

そんな生活を最高の仲間と出来るなんてこの上ない幸せじゃないですか?

 

だから学校を建てたいんです。

f:id:osirikajirimusiking:20170119233714j:plain

f:id:osirikajirimusiking:20170119233720j:plain

 

”支援”ではなく”協力”

学校を建てたいから建てるって自分勝手じゃない?

自己満じゃない?

って言われるんですけど、

 

 

そうなんです。

 

 

話は変わりますが、

僕は初めてカンボジアに行った時、

カンボジアの子供たちは不幸やから救ってあげようっていうスタンスでいきました。

 

僕がその時思ったのは、

 

こいつら不幸じゃない。

f:id:osirikajirimusiking:20170112221932j:plain

 

毎日毎日全力で遊んでいて、本当に楽しそうにしているんですよね。

 

むしろ、将来の不安とかで悩んでる自分がちっぽけに感じて、

こっちが逆にたくさんのものををもらってたなって気づきました。

 

よくいうやつ!!

 

やし、勝手にあいつらは不幸やって下に見てた自分が恥ずかしくなった。

 

やけど、カンボジアは歴史的背景的に教育が行き届いていない現状があって、

そこはちょっと金銭的に余裕のある自分が

あいつらのために協力したいなって気持ちでやってます。

 

あくまで、

 

支援ではなく協力。

 

どっちかが寄っかかってるんじゃなくて、

力を合わせて地球を前に進めてる感覚。

f:id:osirikajirimusiking:20170112224019j:plain

 

正直僕たちは、ビジネススキルもないですし、

自分たちが面白いって思うものでお金を稼ぐってことを大事にしています。

 

だから、企業に比べたら、僕らが集められるお金ってほんまにわずかです。

 

でも、日本だったら大したことに使えなくても、

カンボジアの物価なら学校を建てることができるんです。

 

自分たちの力で、できるだけ大きく影響を与えたい。貢献したい。

 

 

 

だから

 

僕はカンボジアに学校を建てます。

 

 

 

 

 

(これはあくまでPumpitメンバー一人の意見です。Pumpitはメンバーの多様性を大事にしているので、一人一人目的は違います)

f:id:osirikajirimusiking:20170112004151j:plain

 

 

関連記事

 

 

 

 

kajiking.hatenablog.com

 

 

【海外一人旅】僕が思う、タビイクの一番の魅力。

f:id:osirikajirimusiking:20170112004205j:plain

 

タビイクって知ってますか??

 

誰でも憧れる一人旅。

 

キャリーバッグじゃなくてバックパック背負って、

現地の人と交流しながら旅するのは

誰もが一度はしてみたいと思うんじゃないでしょうか。

 

 

kajiking.hatenablog.com

 

 

 

僕も以前その一人でした。

 

大学生活に何の目的も見出せなくて、

このままじゃダメって思った時に出会ったワードが

 

「世界一周」

 

 

単純なことに世界一周っていうワードだけで

急に毎日が楽しくなったんです。

 

ここ行ってみたいなあとか、

ここで暮らしてる人ってどんな生活してるんやろとか。

 

 

あとは、僕は承認欲求が強いから、

世界一周したらみんなにすごいって思われそう!

とかとか。

 

 

当時の僕にとって、

「世界一周」

っていうワードは十分すぎて未だに僕を奮い立たせてくれます。

 

 

ただ、、

僕はそれまで、海外に一回も行ったことがなかったんです。

 

 

正直どうやったらできるのかとか、

海外怖いとか、

 

不安で仕方なくって。

 

 

そんな時にネットで調べまくって、出てきたのが、

 

タビイク

 

だったんです。

 

 

 

「旅がしたい、でも一歩が踏み出せない。そんなあなたへ送る旅企画」

 

 

 

俺にぴったりやん!!!!!!

 

 

 

これしかないって思って即参加申し込みしました。

 

これ逃したら一生旅できない気がするっていう

なんとなく直感で。

 

 

その直感はほんまに正しかった。

 

行かなかったことを考えると、ほんまに恐ろしい、

 

そんくらい人生を大きくポジティブな方に変えてくれた。

 

 

今では引率とかする中で、

きっかけを与えてもらった僕が、

きっかけを与える側へとなってお手伝いさせてもらってます。

 

社長とも仲良し笑

 

 

ここで実際どんな流れかわからない人もいると思うので、同じ回に参加した友達の記事が詳しく書いてあるので見てみてください。

 

 

ゆうたら、

一人旅出来るように旅の練習、サポートをしてくれる企画なんですけど、

それももちろんなのですが、

 

僕が思う一番も魅力を。

 

僕が思うタビイクの一番の魅力

 

それは、間違いなく

 

最高の出逢い。

 

 

同じ集合日に集まった人と一週間弱いっしょに過ごす中で、

初めて会ったはずなのに、

信じられないくらい仲良くなるあの感じ。

 

 

僕は初めての体験で本当に衝撃的でした。

 

 

僕はある程度のところまでは仲良くなるのは早いけど、

自分の本心とかコンプレックスとかそういう言いにくいことを言うのは

仲の良い友達であれすごく苦手やったのに、

 

会って数日やのに

今まで話せなかったことを

いつの間にか話したりしてた。

 

他の仲間も同じことを言ってた。

 

 

海外っていう環境がそうさせているのか、

不安をいっしょに乗り越えようとしてる仲間だからなのか、

こいつらなら話しても良いってなりました。

 

 

 

別れの時なんて本当に寂しくって、

ほんまにあったの一週間前??

ってなるくらい大事な人たちになっていて。

f:id:osirikajirimusiking:20170119084945j:plain

 

日本に帰ってからも、

みんな全国各地に散らばっているのに月1とかで会っていて、

しかもヒッチハイクで会いに行ったり笑

 

タビイク参加する前の自分なら選択肢にすらなかった。

 

そして、みんな旅にどハマりするから、

春休みとか、夏休みとかみんな海外行くから、

それで刺激受けちゃって、

 

自分もアメリカ横断したりいろんなことに挑戦するようになった。

 

 

帰ってからも刺激を与え会うことができる存在っておっきいなあって。

それが、タビイクに参加しなかったら人生で多分会うことなかった人だったって考えたら面白いなあって。

f:id:osirikajirimusiking:20170119085337j:plain

 

この仲間に会えて本当に人生が豊かになった。

 

人との出逢いがここまで自分の人生を変えてくれるなんて。

 

タビイクに参加しなければ、

絶対になかったであろう

 

出逢い

 

僕の経験したものが、より多くの人が経験したら。

 

もっと、みんな人との縁を大事にできたら。

 

そこにはどんな世界が待ってるんやろ。

 

 

そんな気持ちで

僕は今、タビイクに関わっています。

 

 

だから、あなたもちょっと踏み入れてみませんか!!??

 

旅の世界に。出逢いが広がる世界に。

 

2017年春の参加も現在申し込み可です!!!

相談とかあればいつでも乗ります!!

twitterのDMにどうぞ!!!@VerySmallFace

 

詳細はここから確認できます!!

 

ちなみに僕が引率プランも二つあって紹介させてください!!

f:id:osirikajirimusiking:20170112224446j:plain

Pumitからの挑戦状と題し、

 

カンボジアダーツの旅や

子供の夢を集めてもらったりなど、

カンボジアで様々な挑戦をしてもらいながら旅をしてもらい、

一人旅出来るようになるだけでなく、

異国の地でいろんなチャレンジをすることで、

 

きっと別れの時には、、、、、

 

 

もう一つは

カンボジアの子供たちと遊びまくるプランです!!!

 

カンボジアの子供たちは世界で一番元気と言われており、

そんな容赦ない子供たちと本気で遊びまくります!!!

 

タビイク参加者同士の絆だけでなく、

カンボジアの子供たちの絆も深まるプランになってます!!

 

また子供たちに会いたくなってカンボジアに”帰りたく”なること間違い無し!!!

 

 

 

どちらのプランも僕がリーダーの団体Pumpitオリジナルのプランです!!!

ぜひチェックしてみてください!!!

 


 

 

 

タビイクのプランの記事もあるので見てみてくださいね!!!!

 


詳細、申し込みフォーム、もう一度貼っておきます!!


 

 

 

旅行と旅の違いはこちら!!!

kajiking.hatenablog.com

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加